インスタントラーメンに発明記念館に行ってきた話

f:id:okumalu:20170915130320j:image

先日、僕の息子の保育園の友達家族(以下「ママ友家族」と言う。)に誘われて、『インスタントラーメン発明記念館』に行ってまいりました。

 

説明しよう。『インスタントラーメン発明記念館』とは、大阪府池田市にある、チキンラーメンを発明とかカップヌードル発明した安藤百福氏のことやインスタントラーメンのこれまでの発展の歴史が展示されている、阪神間ではそこそこメジャーなスポットなのである。

 

すみません。つい、ヤッターマンのメカの説明風になってしまいました。

 

インスタントラーメン発明記念館』についての詳細については、こちらをご覧ください。

カップヌードルミュージアム 大阪池田

 

今回はインスタントラーメン発明記念館に行った話です。

 

 目次

1 インスタントラーメン発明記念館に到着する

インスタントラーメン発明記念館(以下「ラーメン博物館」と言う。)は大阪府池田市にあります。

僕が住んでいるところから、車で30分くらいのところにあります。

ラーメン博物館阪急宝塚線池田駅から徒歩で5分くらいのところにありますが、僕の家からはアクセスが悪いので、車で行くことにしました。

ラーメン博物館の開演時間は9時30分と言うことで9時20分くらいに現地に到着。

駐車場は最後の一台!

滑り込みセーフ!

 

駐車場情報

台数  23台
料金  60分 / 300円
営業時間  8:30 ~ 17:00  

 

もし、ラーメン博物館の駐車場がアウトなら近隣のダイエー駐車場が便利。

ラーメン博物館の利用者は100円の値引きを受けられるとのこと。

 

 

2 ラーメン博物館に入る

ギリギリセーフながら何もなかったように涼しい顔をして館内にはいりました。

入場料は無料。

そして、人の多さにさらに驚く!

開館前のだというのにかなり混雑している。

 

さすが阪神間のメジャースポット。

 

そこで、ママ友家族と合流。

 

3 マイカップヌードルファクトリー

ラーメン博物館に入場すると、展示物には目もくれず、ひたひたと中へ突き進んで行ったのでした。

訳もわからずついていくことに。

実は、ママ友家族は今回が2回目とのことで少し要領を抑えているとのこと。

向かったのはマイカップヌードルファクトリー。

ここが今日1番のお目当の場所である。

どうやら、早く並ばないと長蛇の列ができるそうなのだ。

ここでは世界に1つだけの自分だけのオリジナルカップヌードルをつくることができる。

まずは、カップヌードルの容器を300円で購入する。

その後、中の長机で、カップヌードルにお気に入りの絵を描く。

僕はというと、息子の強い要望により、ウルトラマンとバルタン星人を描くことに。息子よ。。

 

ほんで、絵が描き終わったら、前へ進み、好きな味のスープと具材を選ぶ。

その後、パック詰めが終わると出来上がり。

 f:id:okumalu:20170915135709j:image

マイカップヌードルファクトリー情報

一回300円

すぐに混雑するので早めに行くのが良い

 

4 展示物を見る

展示物については、僕はゆっくり見たかったが、走り回る子供たちのパワーに押されゆっくり見ることができなかったので割愛。

f:id:okumalu:20170915131036j:image

f:id:okumalu:20170915135818j:image

ちなみにこんな感じ。

インスタンラーメンの歴史や安藤百福氏のことが展示されていた。

 

創業者の安藤百福についてはもっとゆっくり見たかった。

何せ、この人がいなかったら、インスタントラーメンはこの世に存在しなかったのだから。

 

5 一風堂の池田店限定ラーメンに興奮する

なんだかんだで大体1時間くらいで博物館の見学は終わり。

子供が4歳と言うことでこんなものですかね。小学生くらいなら前少しゆっくりと見学できたのかも。

 

その後、向かったのはラーメン博物館に隣接するラーメンやさんの、一風堂

f:id:okumalu:20170915130646j:image

一風堂といえば豚骨ラーメンのイメージであるが、池田店には限定ラーメンがある。

それは、なんと醤油ラーメン。

珍しいので迷わず注文しました。

 

 f:id:okumalu:20170915130822j:image

(池田店限定ラーメン)

 

一口食べて見て興奮を覚えました。

 

「こ、こ、これは、チキンラーメン。。」

醤油ベースのスープの後味が、まさにあのチキンラーメンの香ばしさなのだ。

一風堂さんの粋な計らいだ。

この地ならではの味の、チキンラーメンが実写化されたらこんな感じなのかと、一人感動したのでした。

 

個人的には、この日で1番ワクワクした瞬間でした。

 

ラーメン博物館に行った際は、帰りに是非ご賞味あれ。

 

その後、近所の五月山公園というところで遊んで帰りました!

 動物園も併設されており、入場料は無料!

たらふく遊びましたとさ。

 

以上です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!