息子にせがまれカマキリを飼う

こんにちわ!

朝晩だいぶんと涼しくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

以前、お話ししましたが、ウチには生き物大好き少年(4歳)がいます。

今年の夏は、ことあるごとに虫取りに出かけ、バッタ、セミ、トンボ、チョウチョなど、その辺にいる虫を捕まえまくりました。

子供が言うには「カマキリだけ捕まえたことがないから捕まえたい。」とのこと。(いやいや、他にもいっぱいありますけど・・・)

さっそく、カマキリを捕獲しに行きました。

捕まえたはいいんですけど、次は、「家で飼いたい」と言いだしました。(そう言うと思ってましたが、やはり言いだしましたか。)

しかし、僕には一つ苦い経験があります。

以前、巨大なバッタを捕まえて家に持って帰りましたが、そいつが日に日に弱って、最後にはミイラのようにカリカリになって、お亡くなりになってしまった経験があるのです。

毎日弱っていくバッタの姿を見ていると、不憫でなりませんでした。

このカマキリも同じ目に・・・と悩んでいましたが、嬉しそうにカマキリを眺めている息子の姿を前にして、ダメとは言えず、結局、連れて帰ることに。

家に帰り、少しどうしようか考え、一つの結論にいたりました。

カマキリを本気で飼育してやろう。

 

と言うことで、今回はカマキリの飼い方にフォーカスします。

 

1 カマキリの種類

その前に、捕まえたカマキリはなんなのかを調べたいと思い、調べてみました。

カマキリには代表的なものとして、オオカマキリ、カマキリ、コカマキリがいるそうです。

オオカマキリ

 f:id:okumalu:20170929224846j:image

生息地:林の中、草原
大きさ:70mm-95mm
特長:体の色は緑色または褐色、後ろ羽に紫色の模様がある。
生息期間:8月-11月

②カマキリ

f:id:okumalu:20170929224920j:image

生息地:林の中、草原
大きさ:65mm-90mm
特長:オオカマキリに比べて線が細く、後ろ羽の付け根は薄い色をしている
生息期間:8月-11月

③コカマキリ

 f:id:okumalu:20170929224901j:image

生息地:草原、畑などの低木、地表近く
大きさ:♂36mm-55mm、♀46mm-63mm
特長:体の色は普通褐色で、前足に黒い紋がある
生息期間:8月-10月

 

どうやら、うちのカマキリは、羽に紫の模様があり、大きさ的にも、オオカマキリのようです。

 

2 カマキリの飼育に必要なもの

で、カマキリを飼うことが可能なのか。

調べて見たところ、答えは「YES」でした。

それで、飼育するに当たって必要なものは以下の三つ。

① 飼育ケース

いりますよね〜。

これなかったら、放し飼いやもんね〜。

説明は不要!

②土と止まり木

カマキリは普通草や枝などで暮らします。

また、止まり木で脱皮をするため、止まり木は必需品のようです。

あと、カマキリが自然界で暮らすのと同じような環境を作るため、土や草などを入れてあげます。

水飲み場

カマキリは水を飲む虫だそうです。

カマキリの飼育の失敗の理由の多くが、水不足なんだそうです。

そうならないように、こまめに水を与えます。

水飲み場が深すぎるとカマキリが溺れてしまう可能性があるので、浅めの容器に水を入れて、湿らせた脱脂綿を入れてやると良いそうです。

脱脂綿は一日一回交換するそうです。

それ以外にも、霧吹きで飼育ケースの中に霧を吹きかけてあげるのも良いようです。

その場合は、一日一回霧吹きを吹き付けます。

 

3 カマキリの餌

カマキリの餌は生きた虫です。

バッタ、コオロギ、ガ、蝶など身近にいる虫たちです。

また、カマキリは目の前に動くものがあればなんでも食べる習性があるようで、マグロや生肉、チーズ、ハム、カマボコなどを5mmくらいに切り、竹串に刺して目の前で動かすと食べるようです。

その他無糖ヨーグルトも食べるみたいです。

 

4 実際に飼ってみる

 f:id:okumalu:20170929233547j:imagef:id:okumalu:20170929233600j:image

実際に飼ってみました。

飼育ケースに土と草を入れて止まり木を入れてやりました。

餌にしようと、ケースの中にバッタを入れたり、ガを入れたりしました。

バッタは捕獲した跡がありましたが、大部分を残していました。

ガをいれましたが小さすぎて食べたのか食べてないのかよくわかりません。

水は毎日飼育ケースの中に霧吹きで水をふきかけています。

あまり食べないので、目の前にチーズを切って動かして見ましたが、少し食べて去って行きました。

少食なのが気になりますが、一週間くらい経っても機敏に動くところをみると、元気そうです。

 

で、息子はと言うと、毎朝、飼育ケースの前に寝そべってカマキリを眺めています。

そんな姿を見ているとこっちまで嬉しくなりますよね。

ある日なんかは、僕に向かって「お父さん、カマキリ捕まえてくれてありがとう!」って言ってくれました。とても嬉しかったです!

今度の休みにコオロギを捕まえにいく約束もしました。

 

で、僕はと言うと、カマキリは元気かな〜と、いっつも気なっています。

家の前で虫を見つけるとカマキリにあげなければとを思ってしまいます。

仕草も可愛いので結構ハマってます。

 

けど、ここだけの話、可愛いからこそ、そろそろ逃してあげたいな〜なんかも思ってます。

 

てな感じでございます。

カマキリ飼うと、子供も喜んでくれるし、親としても嬉しいことありました。

みなさんも機会があれば是非。

 

では、最後まで読んでくださってありがとうございました!